トップ>どんな医院に行けばいいの?

どんな医院に行けばいいの?

1.インプラント専門医がいるかどうか。

実際にどのような医師が治療にあたっているかは、患者さんにとってはとても気になる部分でしょう。
しかし、一人ひとりの医師が持つテクニック等は、患者さんには判断しづらい部分だと思いますので、インプラントの専門医がいる医院がいいでしょう。 判断の基準としては、インプラントの経験、実績が豊富であることなどです。
クローバー歯科クリニックでは手術はインプラント認定医が担当いたしますのでご安心ください。

詳しくはコチラから

2.常に勉強しているドクターか。

ドクターが常に最新の技術や情報を収集しているか。あるいは、発信しているかも重要です。
インプラントの世界は、かなりのスピードで進んでいます。
学ぼうという意識の高いドクターであることが、必須条件であるといえます。
クローバー歯科クリニックでは、全医師が常に勉強会を行い、技術の研さんに努めております。

3.インフォームドコンセント(説明と同意)がしっかりしているか。

医師が患者さんに対して、治療に対する十分な説明をしているか。また、その説明により、患者さんが本当に内容を理解し、 同意されたか。インフォームドコンセント(説明と同意)をしっかりする体制ができていないと、 インプラントのような高度医療はできないと考えています。
クローバー歯科クリニックでは、インフォームドコンセントを徹底しております。

詳しくはコチラから

4.CT撮影をしているか。

CT撮影をすることによって神経や血管を避け、最も骨の多い場所にインプラントを埋め込むことが 可能になります。骨の質も判定出来ますので、骨造成法をしなくてもいいケースの患者さんにまで 本来ならば不必要な骨造成法をするということは絶対にありません。
現在の医療水準ではCT撮影は必須です。
クローバー歯科クリニックでは豊中駅前院・豊中本町院ともにCTを導入しております。

詳しくはコチラから

5.手術の手際がいいか。

手術そのものが、うまいか。てきぱきしているかも重要です
手術時間が長くなりすぎれば、患者さんの負担も大きくなります。
これは、やはり医師の経験と日頃の勉強次第といえます。

6.メンテナンスがしっかりしているか。

インプラントは人工の歯ですので、歯周病にならなければ、基本的にずっと持ちます。インプラントの10年後の生存率は95%ですが、 それを高めるためには、メンテナンスが重要になります。
通常ですと、インプラントの治療後は3〜4ヶ月おきに、検診と、歯科衛生士による歯のクリーニング(PMTC)が必要になります。

詳しくはコチラから

7.手術器具がしっかり滅菌されているか。

手術中に感染しますと、インプラントが失敗に終わることもあります。
もちろん、肝炎その他の感染防止の意味合いもあり、確実に滅菌した器具を使っている医院でなければならないです。

クローバー歯科クリニックでは手術器具をしっかり滅菌し、徹底した感染対策を行っており、安心です。

詳しくはコチラから

8.他科の医療知識があるか。

患者様の全身状態の把握、特に高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、喫煙、心臓病、脳血管障害等に注意し、内科医との連携も大事と考えております。
クローバー歯科クリニックでは、内科・口腔外科・矯正科との連携しております。

インプラントの医院をお探しの方はお気軽にご相談ください。
直接お聞きになりたい方は、無料初診相談をご予約ください。
無料初診相談予約
無料相談ダイヤル無料Web診断・無料メール相談

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

説明会
無料相談ダイヤルや無料Web診断でも専任カウンセラーがご相談にお答えします。